FC2ブログ
一度は行かなきゃ/草津1日目

2009年夏の秋田~青森、秋の宮城と温泉巡りが続いていますが、今回の目的地は日本一の温泉地、草津です。

草津温泉を選んだ理由は・・・・
1.あまりお金をかけたくないので、遠くには行けない。
2.寒いのは嫌いなので、東北は避けてなるべく近場。
3.寒い中、出歩くのは嫌なので観光はしなくてもいいところ。


・・・だったら家に居ろって話ですが、やっぱり温泉に行きたい!

そこで関東で住んでいながら一度も行ったことのない、草津にしたわけです。
なんたって旅人が選ぶ温泉100選に6年連続1位に輝いたそうじゃないですか。
行かなくてどうするって話しです。

観光するところはあまりなく、温泉が主ということなら冬行くのにうってつけ。
交通費も東北の半額ですみます。
けど、時間は倍かかるという近くて遠い場所なんですが・・・

さて猛獣、また新年から北を目指して特急列車に乗り込みました。
最寄り駅から直行で2時間ちょっとです。

1.jpg  便利な特急草津号


本日の地元の最高気温13度。
この時期にしては暖かく、雲ひとつない快晴です。
前回の仙台への旅では列車の右に座って失敗したので今回は左に座ったのですが、また失敗。
日が当たって暑いの、なんの。
今回は自由席だし、空いているので席移動は可能なんですけど。
同じ北上でも方向が違うんですね。

学習1.草津方面行きは列車左側に乗るべし


列車の旅は移り変わる車窓の景色が楽しく大好きです。
町から離れるにしたがって、山が増え、雪が降った跡が見えます。

やがて雪が舞い、吹雪き、草津温泉の最寄り駅、長野原草津口に着いた頃には積もってました( ̄□ ̄;)!!

2  来るんじゃなかったo( _ _ )o ショボーン

寒いのが嫌いで選んだ場所だったのに・・・あぁ

幸い、駅に着いた時には雪は止んでいて日差しもあったのですが、少し前に予報で知ったとはいえショックです。


駅からはJRの連絡バスで草津温泉のバスターミナルまで約25分。
電車は空いていたのですが、マイクロバスは3台が満席で出発しました。

ターミナルに着くと雪が降っています、積もっています、すごいことになっています。

帰りたい(>_<)


ターミナル内の食堂でたぬき蕎麦を食べて(味がやぶそば仕立てで私好み)、本日宿泊するペンションに電話をして向かいに来てもらいました。
雪が舞う中、車で5分ほど。
楽しみにしていたペンションに到着です。

実はそもそも草津が候補に挙がったのはネットでこのペンションにヒットしたからでした。

草津でペンション?

ちょっと違和感がありますが、貸切風呂とお料理が自慢の人気の高いペンションなんです。

 3.jpg  私のお部屋はウォーターベッドが鎮座♪

チェックインが早かったので、今なら貸切風呂一番乗りできると聞き、負けず嫌いの血が騒ぎました。

4.jpg 5.jpg 6.jpg 7.jpg 8.jpg


5つもある貸切温泉(もちろん源泉かけ流し)すべて一番で制覇★

生まれて初めての雪見温泉。
お肌はつるつる♪
でも半分湯当たり気味でへとへとです。


さて、草津に来たからにはぜひ観ておかなればならないものがあります。

観光の目玉、湯畑!!
っていうか、観光ポイントはそこしかないという感じですが(^_^;

夜はライトアップされて美しいということなので、ぜひ観に行きたいと思うのですが、外は雪が降り続いております。
寒くて出かけたくはないのですが、意を決してGO!!

ペンションの方に雪靴を貸していただき、完全防備で歩くこと10分。
近いのですが、かなり急な坂を下るので、転倒注意です。
帰りは雪がさらに積もった状態でこの坂を上るのが不安・・・・

湯畑は前から観てみたかったのですが、雪のせいか湯煙がすごくて視界が悪いこと( ̄□ ̄;)!!

 9.jpg  10.jpg

手がかじかんで写真を撮る気にもなれず、ライトアップを待ってお土産屋さんに避難していました。

5時過ぎには暗くなったので明かりが点きだしたので、一回りしてから6時の夕食に間に合うようにそそくさと観光名所を後にしました。

11.jpg  幻想的なイルミネーションより寒さが勝利

帰りは案の定、道に迷いました。

湯畑は放射線状に路地がのびていて、その真ん中に盆地のような形で位置しています。
私は入る路地を間違えてしまったようです。
途中お店の人に道を聞き、結局は引き返さずに別ルートから帰ることにしたのですが・・・・
誰一人歩いていない急な坂道を吹雪の中ひとり歩く猛獣。
聞こえるのは新雪を踏むキュッキュッという音だけ。

遭難しかけました(;-_-)

でも5分ほどで見覚えのある大通りに出たので、人間樹氷にならずにすみました(^。^)
実は来るときもいきなり道を間違えたのですが、それがかえってよかったみたい。
大通りは雪かきされているので安心です。

ペンションにもどり、またまたお風呂に入って温まったら、楽しみにしていた夕食!
ここで初めて他の宿泊客と一緒になったわけですが、平日の休み明けとあって私を入れて5組。
が、私以外は学生らしき若いカップル4組( ̄□ ̄;)!!

草津ってそういうところだったの?
私が持っていたのは中高年に人気の温泉地というイメージだったので、びっくりでした。
まぁスキー場があるので、昼間はスノボーを楽しんで夜は温泉というパターンになるのでしょう。

食事は期待どおりで素晴らしいコース料理でした。
クラムチャウダー、サラダにもスモークサーモンが乗っています。メインは魚と肉の両方!
ご飯に合うように煮物や漬物の小鉢もあります。
また付け合せの野菜にもこだわりがあり、スタッフの方が1つ1つ説明してくれます。
デザートのキャメルムースはフルーツも入っていて絶品!
評判のいいハーブティはオリジナルブレンドで毎日飲みたいくらいでした。

お腹も満たされ、またまたお風呂に入って、シアワセ気分~♪

明日の天気回復を願いながら、就寝。
猛獣は生まれて初めてのウォーターベッド体験をしました。


【2010/01/05 22:59】 | いい湯だな、草津 2010新年 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
吉と出るか凶と出るか/草津2日目

晴れましたぁ~!!!

起きて、さっそくお風呂に行きました。
貸切風呂が5箇所もあるので、毎回どのお風呂に入ろうか迷っちゃいます^^

それにしても夕べはエアコンがあまり効かずに部屋が寒く、ベッドはふかふかでとても温かかったのですが、毛布1枚では足りずにしんどかったです。
寒がりの旅先での対策として、布団を縦に2つ折するane方式が久しぶりに登場。
セミダブル以上のベッド、体が大きい人は無理、激しく寝返りはできないという制限つきではありますが、おかげで12時過ぎには寝付くことができました。

起き抜けにお風呂に入って朝食。

  12.jpg  ペンションの朝ごはんって大好き\(^ ^)/

焼きたてパンがおいしかったです。おかわりもできますが、3つもあったので十分でした。

チェックアウトぎりぎりまで、またお風呂に入りへ。計9回の湯巡り制覇(大バカ)


ペンションの方に送っていただき、バスターミナルへ。
荷物をコインロッカーにあずけ、湯畑までは徒歩5分です。

13.jpg  昨日とはまったく雰囲気の違う青空の湯畑

晴れていますが、雪も降っています。
私を含め誰も傘をさす人はいません。
晴れているから気にならないというか、なぜか雪が降っていることを忘れているんですね。

今日のお目当ては湯もみショー
公演は10時・10時半・11時の1日3回。熱の湯で行われます。

14.jpg  熱の湯は湯畑目の前

すでに10時半になろうとしているので11時の回にするつもりでチケットを買うと、まだ大丈夫だからすぐ入場するようにとの案内。

15.jpg  開演前です

中に入ると思っていたよりこじんまりしていて、明るくて綺麗です。
もっと広くて薄暗いイメージを持っていたので意外でした。


16.jpg  開演ちゅ~

下調べでは冬季は湯もみ体験がないとあったので、諦めていたのですが、やってくれました。
「参加したい方、手を上げて」
の掛け声にまっ先に挙手する猛獣
も~上着まで脱いじゃってオバサン、ヤル気満々です。

でもやってみると思っていたより難しい(^_^;
水圧でヘラが浮いてしまって、なかなかリズムどおりに動きません。
見ると私の真向かいにいる3人の男子学生がと~っても上手。
曲にあわせてちゃんとカン!と音をたてています。
満面の笑みのノリノリ3人組が微笑ましくて楽しかったです。

 27.jpg  参加者には賞状★ タオルもプレゼントされます^^

1曲の間に交代するし、2回あるのでかなりの方が参加できるみたいです。
その回にチャンスがなくても、完全入れ替えではないのでそのまま11時の回までいることもできるから結局は全員体験できると思います。


気持ちがほんわかしたところで、どうしようか迷っていた西の河原露天風呂に行くことにしました。

湯畑から歩くこと15分。
どんどん体が冷えてきます。

17.jpg  途中にある片岡鶴太郎美術館草津観光名所の一つです。

しかも西の河原公園の敷地内は凍っていて歩くのが怖いくらいです


18.jpg  公園の入り口

19.jpg  あちらこちら小さな温泉があり、景色はとても美しいです。

雪景色も映えるのですが、新緑の季節も格別でしょうね。

ついに到着!

私が温泉に興味を持ったのは最近ですから、露天風呂もまだあまり経験がなく、まして公共のお風呂も野天風呂も初体験です。
どんな感じなのか、お風呂に入るのに緊張する猛獣

20.jpg  料金所は雪に埋もれちゃってます(^_^;

入り口でお金を払い、脱衣所に入ります。
明るくて広くてきれいです。
凍えているので早くお風呂に入りたいのですが、手がかじかんで服がなかなか脱げません(>_<)
せっかくだから写真も撮りたかったのですが、あいにく撮影禁止。
人が写らなければ大丈夫なのかもしれませんが、あまりの寒さにそんな意欲さえなくなっていました。

そして湯船への夢の扉を開きます。



21.jpg  公式ページの写真より

広~~~い!!
綺麗~~~!!


あったけ~!!

青い空と白い雪とグリーンのお湯は最高です。
生まれて初めての野天風呂に大感激\(^ ^)/

お湯自体は透明なのですが、底の石の苔でグリーンにみえるようです。
お客さんは私の他に3人ほど。
どこに落ち着こうか、お湯から出ないようにグルグル歩き回り、居心地のいい場所を探します。
場所によって温度が違うんですね。

そして見つけたのが、真ん中にある石の隣。
底に椅子状態になる石があって、座るとちょうど肩までお湯につかるくらいになるんです。
くぼみもあるので座り心地満点。
ずっとここにいたかった。


しっかり温まって、この旅一番の思い出を持って帰路へ。

22.jpg  温泉街の風情たっぷり

レトロな商店街では蒸したてのホカホカのお饅頭を試食したり、お煎餅屋さんでわさび煎餅を食べたり(お茶も無料で飲めます)・・・

23.jpg  24.jpg


25.jpg  ミルキーグリーンの湯畑のお湯

お土産を買ったりとバスの発車時間まで温泉街の散策を楽しみました。

26.jpg  草津観光の基点バスターミナルとサヨナラ

日本一の温泉に入って、美味しいものをたくさん食べて、しっかり歩いて・・・体の中の悪いものがすべて浄化されたようなデトックスな旅
体調が悪くなったら、草津に数日滞在すれば健康になるような気がします。

そしてここに住む人はみんな草津に誇りを持っていることが、たった1泊しかしない観光客である私にもしっかり伝わってきました。

草津に来るんじゃなかった ・・・から、最後は・・・・来てよかった~となった旅でした。

めでたし、めでたし


テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

【2010/01/06 23:00】 | いい湯だな、草津 2010新年 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |