FC2ブログ
一浴玉の肌で始まり/1日目
当初、群馬と長野の県境にある 渋峠 に行く予定 でしたが、台風が直撃 しそうなので、迷いぬいてキャンセル。
本当はギリギリでキャンセル料がかかる日ですが何も言われませんでした。
あぁ、本当にごめんなさい

あと1日遅れなら天気は良くなるみたいですが、今から休みを変えるわけにはいきません。
ただでさえ、異動直後の連続休暇なのに・・・

それにしても 毎年紅葉の旅は運に見放されていますね。

で、雨に影響を受けない場所、1泊なのであまり遠くない温泉・・・

と、思いついたのが  沢渡温泉

さっそく旅サイトで予約を入れました。

雨はしかたないとして、台風だけは避けてくれますように。

沢渡温泉は特に目立った観光ポイントはないので、午後の出発でもよかったのですが、現地のバスの本数が少ないので、早めに出ざるを得なくなりました。

今にも雨が降り出しそうな平日の朝 なのに駅の カウンター激混み(^_^;
危うく乗り遅れそうになりましたが、無事10時19分発 草津1号 に乗り込みました。


  2016秋1  比較的乗車率高い



JRには必ず車内報があるんですね。


  2016秋2  新幹線でいうところのトランベール


12時7分 中之条駅 到着。
四万温泉で一度訪れているのですが、全く変わっていなく 寂れています(^_^;

駅前の食堂でラーメンを食べている間に雨が降り出し、13時8分のバン仕様の路線バスで沢渡温泉に向かいました。
小雨の中、25分で 沢渡温泉 到着。


  2016秋3  四万温泉と同じバス停



運よく雨が上がりました。


  2016秋4  ・・・ここ観光地だよね?


バス停から徒歩5分弱で今宵のお宿発見。


  2016秋5  日本秘湯を守る会認定


荷物を預け、チェックインタイムまで周辺を散策することにしました。
ちなみにお隣の共同浴場とは隣接しています。


  2016秋6  明日行く予定



・・・
・・・

想定していた以上に何もありません。

メインの(?)通りからは山道に入る遊歩道の入口がいくつかありますが、何となく入りづらい雰囲気があります。


意を決して、遊歩道に潜入。
急な石段を上がると沢渡神社 がありました。


  2016秋7  良い旅祈願しまくり


奥にまわると好みな廃墟・・・ではなく、砂防ダム がありました。
現在機能しているかは不明。


  2016秋8  苔むした感じがGOOD


夏なら水遊びに最適な 晩釣りせせらぎ公園


  2016秋10  当然誰もいない


温泉街のはずれまで行ったものの、霧雨がだんだん強くなってきて寒くなったので、戻ることにしました。
どこかでお茶でもしたかったのですが、営業しているお店なし。


  2016秋9  夜営業のスナック?



15時になったので、お宿にチェックインしました。
きつつき と名付けられたお部屋は かなりタバコ臭いです(>_<)


  2016秋11  浴衣もカビ臭い(>_<)



さっそくリニューアルされて間もない女性風呂に入ることにしました。


  2016秋12  休み処もお洒落♪


これが日本商環境デザイン協会で金賞を受賞した女性風呂です。


  2016秋14  寝湯もあってリラックス


誰もいないので貸切です\(^ ^)/


天井は吹き抜けになっていてスタイリッシュです。


  2016秋13  異次元な空間  


うっすらと開いた天窓からは日が差し込み
・・・が、その日とともに 町中でも蔓延していた肥料の臭いがぷ~んと

雰囲気ぶち壊し(^_^;

貸切露天風呂は雨が降っているので断念。

夕食は食堂でいただきます。
宿泊客は熟年夫婦1組、若い外国人男性と私の3組のみ。
なぜか正面を向かされ、配膳係の方々と対面になっています。
しかも私は最前列(^_^;

教室か!!


  2016秋15  お味は可もなく不可もなく


気を取り直し、お宿名物、この旅の目的でもある混浴風呂に向かいます。


  2016秋16  雰囲気満点の渡り廊下


朝6時~7時と19時30分~21時は女性時間になるので、このお風呂に入るには宿泊するしかありません。
混浴では常連さんでも厳しいと思います。


  2016秋17  階下より見下ろす

 
 -(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ

この温泉に入りたくて来たのだ!!


  2016秋18  ぼんやりとした灯りの中で



明日は天気が良さそうなので、このお風呂の ベストショット を狙います。
10時半就寝。 (掛け布団カビ臭っ)






【2016/10/05 22:21】 | 沢渡温泉2016秋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
一浴玉の肌で〆る/2日目
早く寝たのと 布団が臭くて 明け方に目が覚めました。
6時半に目覚ましをかけたのですが、大浴場の女性時間は6時~7時

ヤバ、間違えた( ̄□ ̄;)!!

6時にセットし直してセーフ。
布団臭くてラッキーだったかも

またも 独り占めしたお風呂で写真撮影+お湯を堪能 しました。
一浴玉の肌(いちよくだま)と言われるにふさわしい柔らかな美肌の湯と美しい建造物に大感動しました。


  2016秋19  階下が浴場


で、木の階段を降りると


  2016秋20   -(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ


夜と朝ではだいぶ雰囲気が変わります。


  2016秋21  反対側から


ではここからは建造物としても素晴らしい温泉の画像をご覧ください。


  2016秋22  木目も美しい


一番の魅力はなんといってもこのお湯の底の石の色。


  2016秋23  ブルーがたまらん


言うまでもなく源泉かけ流しです。


  2016秋24  ドバドバーっと!


グリッドしてみました。


  2016秋25  飲泉も可能<(味の保証なし)


朝日が差し込んでとても美しいです。


  2016秋26  毎日入りたい!


朝食はまた あの教室 です。


  2016秋27  もはや味なんてわからず


勉強嫌いな出来の悪い生徒が先生の目が届くように最前列に座らせられたような(デジャヴ?)感満載でした。
しかも食事の途中で「布団を片付けてもらってもいいか」と聞かれ、「こんなに空いているのに急ぐ必要があるのかな」と思いながらも承知したところ、布団だけでなく、浴衣もバスタオルも片付けられてしまいました。
何だかなぁ~

特典として 隣の共同湯 が無料なので行くつもりだったのに・・・
もちろんまたバスタオルをもらいました。


  2016秋28  隣接した共同浴場


村の社交場的な存在のようで、常に混んでいる様子。
私が宿泊しているお宿と同じ源泉です。


  2016秋29  とても柔らかいお湯


タイルが滑りやすそうで危ないかも・・・。


  2016秋30  浴槽は2つ


チェックアウトをして宿を出ると日差しが強くなって暑いくらいです。
かといって、もう一度散策する気にもなれず9時42分のバスで駅に向かいました。


  2016秋31  ほぼバン


急行列車に乗るには時間があり過ぎるし、急ぐ必要もないので在来線を乗り継いで帰ることにしました。


  2016秋32  ほぼ通勤列車


今回の温泉は ベスト5に入るくらい素晴らしい ものでした。
日帰りで行けるなら何度でも入りたい、そして 視覚に残したい と思う温泉でした。





【2016/10/06 18:58】 | 沢渡温泉2016秋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |