FC2ブログ
ステンドグラス体験/上山田温泉2日目
6時半に起床起きて、1階の中庭にある露天風呂に行きました。
景観はありませんが、昨日の貸切露天風呂より泉質が良いような気がします。


  kami2017-15.jpg  貸切露天よりGOOD


そして朝食直前に(これ独り占めの狙い目タイム)、大浴場へ。

ほんのり硫黄の香りのするトロリと柔らかいお湯はとても体が温まります。


  kami2017-17.jpg  独り占め制覇☆


7時30分より朝食です。
決して気分が悪いわけではないのですが、食べ物を目にしても食べたいという気にはなれず、食べると胃がムカムカして結局またあちこち箸をつけて残してしまいました。


  kami2017-16.jpg  最後までごめんなさい


朝食後に再び誰もいない大浴場で 独占撮影ターイム!


  kami2017-18.jpg


朝日が差し込むステンドグラスが湯面に映り、それは美しかったです。


  kami2017-19.jpg


日によってお湯の色が変わるそうです。


  kami2017-20.jpg


洗い場ですら芸術的です。


  kami2017-21.jpg


今朝のお湯の色は昨夜よりややグリーンが濃いかな?


  kami2017-22.jpg


神対応をしていただいたスタッフの方々にお礼をいって、チェックアウトしました。


  kami2017-23.jpg  じゃらん星5つ~!


さて、どこに行こうかな?
って、何もないじゃん(^_^;


  kami2017-24.jpg  いちおう歓楽街入り口


わかっていたことではありますが、ここまで何もない・・・というか寂れているとは思いませんでした。
これほど美しく良質な泉質豊富な温泉地なのにもったいないですね。
とりあえず通りを往復して、本当に何もないことを確認して、近くの ステンドグラスのお店 に入ることにしました。


  kami2017-25.jpg  可愛いアトリエ


お宿のあちらこちらに飾られたステンドグラスはすべてこのお店で作られたものであること、また上山田温泉一帯に作品を展示されているなど、お店の方からいろいろお話を伺うことができました。

いざステンドグラス作りに挑戦!

元から不器用な上に、最近では老眼も進み、尻込みをしていたのですが、何もなく帰るのは忍びないのでストラップを作ってみました。


  kami2017-26.jpg  ボンドを付けて乗せるだけ


2週間ほどで焼いたものを自宅に送ってもらえるということで楽しみができました。

11時7分のバスで戸倉駅へ。


  kami2017-27.jpg  昨日倒れこんだバス停


昨日は具合が悪くて車窓を見る余裕はなかったのですが、よくよく見るとかなり回り道をしているので、できれば寄りたかった戸倉観世温泉あたりなら徒歩可能かもしれません。

11時30分発のしなの鉄道で上田駅へ。
12時12分発の あさま616号 で帰路に着きました。

一人旅デビューして四半世紀以上になりますが、旅先で医者にかかるのは生まれて初めて でした。
新年から先が思いやられる気持ちでしたが、最高のお湯と、お湯以上に温かかったスタッフの方々に出会えて感謝感激の旅 でした。


  kami2017-28.jpg  お辞儀しちゃったけど可愛いでしょ?



【2017/01/05 22:49】 | 戸倉上山田温泉2017新年 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
七変化のお湯を求めて/上山田温泉1日目
今年の冬休みは 最短の12月31日~1月3日 でした。
冬休みでも何でもない、ただのカレンダー通りです。
なので恒例の新年の旅も 一番早い4日出発 となりました。

快晴で真冬とは思えないほど 暖かい朝 です。

去年野沢温泉に行くときに急きょマフラーを買った300円均一店で前からほしかった スマホ仕様の手袋 を見つけ購入しました。
ぼーとしていてホームを間違えたりと一時慌てましたが、無事新幹線に乗り込みました。


  kami2017-1.jpg  今回ドリンクは持ち込み


10時58分発の はくたか559号 は定刻で出発。
二人掛け席には空席がありませんでしたが、日が当たるので3人掛けでラッキーでした。

上田駅 11時54分到着。


  kami2017-3.jpg  kami2017-29.jpg


昨年猛暑の中、筋肉痛で足を引きずり、上田城に行ったことが思い出されます。

12時33分発の しなの鉄道 で目的地である戸倉へ。


  kami2017-2.jpg  ザ・地元民の足


12時48分戸倉駅到着、とかなり順調です。
駅名はとくらではなく、とぐら と読みます。
恥ずかしながら数日前に知りました。



  kami2017-4.jpg  心なしか寂しい看板  


お宿までは路線バスの出発まで1時間あるので、この旅の目的の1つである 辛味蕎麦 を食べることにしました。
お昼時ですが、ピークの時間から若干はずれているのでグッドタイミングです。
老舗、萱の庵 さんでバスの出発時間に間に合うか確認して一番手のかからないシンプルな辛味蕎麦単品をオーダーしました。


  kami2017-5.jpg  お値段たしか1,000円弱


大根の漬け汁は想像以上に辛かったのですが、味噌を溶き入れると不思議に辛さがなくなりマイルドになります。
美味しくて汁まで全部飲み干しました。

何もかもラッキーづくし。
幸先の良い旅です。
大満足して駅から13時48分発 千曲市循環バスである ほっとバスに乗り上山田温泉に向かいます。


  kami2017-6.jpg  10人乗りのバン


運転手さんに停車のバス停を確認し、出発まで5分ほど待っていると

・・・あれ?
なんか胃が・・・痛くなってきた

体が冷えたりすると時々ことで、いつもはすぐ治るのですが、今回は痛みはどんどんひどくなってきました。
途中で降りようかとも思いましたが、何もない所で降ろされてもその後が困ります。
たかだか12,3分だから耐えられる。

と我慢に我慢を重ね、降りた時には顔から体から冷や汗が流れていました。
目の前に宿があるのに歩くこともできず、バス停にあるベンチに座ろうと思ったのですが、ちょうどそこが公園でトイレが目の前にあったのでヨロヨロと入りました。

突然両手が痙攣( ̄□ ̄;)!!

血が逆流するようなザーーっという音が頭中に響くわ、眩暈はするわ。
トイレから叫んで救急車を呼ぼうかと本気で考えました。
初めて訪れる地で生まれて初めての救急車なんて洒落にならない(T-T)

しばらくすると痙攣は治まり、ふらつきながらも立つことができたので、ホテルまでヨロヨロ歩いてロビーに倒れました。
チェックインタイム前なのに

今日宿泊する者ですが、気分が悪いので、できれば部屋に通してください・・・

と名前すら名乗らず図々しいお願いを聞いて下さったホテルの方々に感謝です。


  kami2017-7.jpg  広々とした207号室


10分ほど横になっていたら落ち着いたので、ようやく宿帳を記入。
そしてその後、開いている病院を探してくれて、なんと送迎までしていただきました。
まさに神対応、いや 神そのもの です。

持ち直したので、館内散策。
いたるところにステンドグラスが飾られています。
ステンドグラス好きにはたまりません。


  kami2017-8.jpg  1つくらいほしい!


さて、
まずは屋上の貸切露天風呂に向かいます。


  kami2017-9.jpg  完全に丸見えな気が・・・


夕暮れ時の戸倉は木枯らしが吹き、かなり寒いです。
お湯の温度はちょうどいいのですが、出ると鳥肌がたち、脱衣所も野外にある露天風呂は少々厳しいかもしれません。


  kami2017-10.jpg  寒いし、暗いし・・・


ふと見上げると山々にこんな文字が浮かび上がっていました。


  kami2017-11.jpg  これは嬉しい演出です。


そして夕食の前に誰もいないのを見計らってお目当てのステンドグラスのある大浴場に向かいました。
この旅の一番の目的です。


  kami2017-12.jpg  幻想的です。


夜の明かりでも十分美しいのですが、明日朝も絶対にもう一度入ろうと決意しました。

夕食は食堂でいただきます。
さすがに食欲は湧かないので、ほとんど残してしまいましたm(_ _)m


  kami2017-13.jpg  本当にごめんなさい


明日の完全復活を願って早めに布団に入りました。
これフライングタイガーで買ったライトです。
以後、旅のお供にすることにしました。


  kami2017-14.jpg  自家発電する優れもの







【2017/01/04 22:52】 | 戸倉上山田温泉2017新年 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |