FC2ブログ
絶景ジオラマの風景/2日目
午前5時半前。
日の出を見るために宿から徒歩15分弱のビューポイントに向かいました。

真っ暗だし、誰もいないし、本当に方向が合っているのかもわからず不安でしたが、10分ほど歩くと車がたくさん停車しているのが見えてほっとしました。


  shibutoge16.jpg  右下に芳が平が広がっている


しっかり防寒具に身を包み、三脚を立て、一眼レフを構えるカメラマンの中に加わりました。

セーターの上にパーカーを羽織っただけの軽装で、手のひらサイズのコンパクトカメラとスマホを持った謎のオバサン

どう見ても場違い、浮いています。
初夏の西沢渓谷に続いて、またしてもやっちゃってます。
学習能力なし。


周りはカメラの専門用語が飛び交っています。
広角だの50だの35だの・・・
35と言われて、ブルゾンちえみしか思い浮かばな私は
ダメウーマン(>_<)



  shibutoge17.jpg  右手には白根山から噴煙が上がる


太陽が出た瞬間、この芳が平が一面に輝き、別世界になるそうです


  shibutoge18.jpg  だんだん無口になるカメラマン達


その瞬間を狙っているカメラマン達の緊張感が私にも伝わってきて、コンパクトカメラとスマホを握るオバサン(爆)も無口になります。


  shibutoge19.jpg おっ、ついにきたか!?


おっとっと・・・
あれ~?

太陽が雲に隠れてしまいました(T-T)
その瞬間、ほとんどのカメラマンたちが

はい、撤収~!

っと、さっさと散っちゃいました。

でもその後に撮った昨日の吹雪で木々に着いた霧氷や逆光の木々の方が綺麗でした。


  shibutoge200.jpg  霧氷という言葉を初めて使った


にしても・・・
寒さでかじかんで指が動かなくなったことはあるけど、手首まで動かなくなったのは初めて です。

帰る時、一人のカメラマンから声をかけられました。

あなたどこから歩いてきたの?
さっきそんな恰好で一人で歩いていたからびっくりしたんだよ


おじさん、柏市から出てきて車中泊。
私が泊まったホテルの駐車場で一晩過ごしたんですって。
いやぁ~昨夜は寒かったよぅ!
だって。
ツワモノだ!

電車だと私のように長野新幹線を使ってけっこう費用もかかりますが、車ならそれほど遠くないみたいです。
草津からのアクセスも可能なので、草津温泉+渋峠というルートも魅力 ですね。


  shibutoge21.jpg  すっかり明るくなった芳が平  


凍えるような峠で日の出を参拝した後、ホテルに戻り、ロビーにいたプロのカメラマンさんとお喋りをしました。

7時30分、朝食。


  shibutoge22.jpg  超空腹につき当然ご飯はおかわり


9時にホテルをチェックアウトし、快晴の芳が平を見納めしました。


  shibutoge23.jpg  峠一帯はライダー達の聖地らしい


目的の芳が平を見たので、そのまま小布施に行こうかと思ったのですが・・・
なんか物足りない・・・

9時48分のバスで再びのぞきへ。
昨日さんざんお世話になった 横手山ドライブイン に頼み込んで荷物を預かってもらい (観光地なのにコインロッカーない) 昨日の雪辱を果たしました。


  shibutoge24.jpg  他にはない風景


今年は冷夏の影響で見頃を迎えた今でも赤が少ないのが残念。
でもジオラマのような世界観は楽しむことができました。


  shibutoge25.jpg  緑のビロード感がすごい
  

のぞきからの景色を堪能した後、2日に渡ってお世話になったのぞきバス停のドライブインの方の勧めで横手山頂に行くことにしました。
目の前にあるスカイレーターという野外版エスカレーターとリフトを乗り継いで10分で山頂に行けます。
ちなみにスカイレーターとリフトの乗り継ぎ地点にはなにもなく、だたの中継点。


  shibutoge26.jpg  空中散歩が体験できる☆ 


そしてもう一つ、渋峠に降りるリフトがあります。(宿の前が発着地)
渋峠とのぞきはバスだと一停留所で、横手山をぐるっと回る感じになります。


  shibutoge27.jpg  山頂には横手山神社もある


また名物自家製パンが食べられるヒュッテとカフェがあり、当初の計画どおり山頂を散策後、パンを頂きました。


  shibutoge28.jpg  お味は普通、観光地プライス(^_^;


この頃から気温が上がってきて、無料で借りたポンチョが暑くて邪魔になってくるくらいでした。


  shibutoge29.jpg  とりあえず鳴らしてみる


高所恐怖症には耐えがたい下りエスカレーター。
でも絶景です\(^ ^)/


  shibutoge30.jpg  半泣きしている観光客もいた


降りてからもまた写真撮りまくり!


  shibutoge31.jpg  日が当たるとまた美しい


1日目の悪天候で予定がずれたものの、ここでしか見られない景色を堪能することができました。


  shibutoge32.jpg  スマホの待ち受けに決定!!


まだ早いので小布施に寄ろうかと思ったのですが、欲張り過ぎは禁物。

13時11分、長野駅直行の急行バスに乗ることにしました。


  shibutoge33.jpg  あぁ、去りがたい・・・


天気が良いとこうも景色が変わるのですね。
車窓からの志賀高原の風景はとても素晴らしかったです。


  shibutoge34.jpg  再訪候補のお宿見っけ♪


14時20分発の あさま566号 で帰宅。

小布施で栗スイーツを食べる計画が延期となったこと、途中の志賀高原の景色がとても美しかったことで、また次回の長野の旅の楽しみができました。


  shibutoge35.jpg  日本国道最高地点証明書は100円




【2017/10/05 20:16】 | ジオラマのような景色を求めて2017年秋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
県境のホテルに泊まる/1日目
初めて山の紅葉を観て感動したのが2009年
その後、なぜか晴れ女のはずなのに、紅葉の旅だけは天気に恵まれず、天気が良ければ紅葉の時期がはずれ・・・
素晴らしい紅葉に当たったことがありません(T-T)


  ネットで見つけた、渋峠ビロードのような山の斜面点在する色とりどりの紅葉の風景に一目惚れ♡


  a0263109_19422781.jpg  無断借用です、ごめんなさいm(_ _)m


以来、ずっと計画を温め、いよいよ今年、決行することにしました。

今度こそ失敗はしたくない!

1泊の予定ですが、予備日を入れて水曜日から週末まで休みを取り、木曜日出発で予約を入れたものの、金曜日から天気が崩れるという予報を聞き、急きょ出発を1日前倒し しました。

朝から天気は快晴♡
朝から日差しが強くて日焼けしそうです。

私の決断は正しかった、ウンウン

荷物を増やすのは嫌なので、厚手のセーターは持って行かないつもりでしたが、目的地の渋峠の気温は5度とあったので、渋々カバンの中に入れ、いざ出発!


  shibutoge1.jpg  窓小さくて好きじゃないE系


8時18分、新幹線 はくたか553号 は定刻で発車した9時30分に 長野駅 に到着しました。
長野駅も快晴。
日差しは強いですが、さすがに風は冷たく、地元とは違います。


  shibutoge3.jpg  外に出たのは初めてかも?


駅の構内で ながでん鉄道・バス2 DAY フリーきっぷ 購入。
3,200円で長電バスと電車が乗り放題で、とってもお得(^_-)


  shibutoge2.jpg  今旅は完全に元取れます(v^ー°)

  
10時15分発、急行志賀高原線のバスは外国人の団体で満席ですΣ(・□・;)


  shibutoge4.jpg  長野は欧米人の人気観光地のよう


平日だから誰もいないと思っていたので、驚きです。
が、彼らは全員モンキーパークで下車。
ここがお猿さんが温泉につかることで有名な 野猿公苑 だったことを初めて知りました。

私一人の貸切となったので特等席に移動し、ドライブを楽しみました。
山を登るにつけ、紅葉が増えてきてとても綺麗です。

しか~し!
途中だんだん雲行きが怪しくなってきました。
11時30分に到着した蓮池で無線で連絡を受けた運転手さんから

峠はマイナス5度らしいですよ・・・

と告げられました。
マイナス5度を今よりマイナス5度と勘違いした私。

気温が零下5度だった_| ̄|○

11時50分、最初の計画どおりホテルのある渋峠の1つ前の停留所で降りました。


  shibutoge5.jpg  冗談みたいな名前の停留所


のぞき ・・・って
さて何が覗けるのでしょう?

じゃ~ん!


  shibutoge6.jpg  カメラの故障ではありません


何が覗けるかって・・・
何も見えません しくしく

ま、まさかの 吹雪( ̄□ ̄;)!!

一足お先に 初雪観測 しちゃいました。

バスの運転手さんから気の毒そうに
お気をつけて
とお声をかけていただきました。

本来なら

のぞきからジオラマのような紅葉の風景を撮影し、スカイレーターとリフトを乗り継いで横手山頂に行って日本一高い所で焼いているという名物のパンを食べ、別のリフトで渋峠に下って県境のホテルにチェックイン

となるはずでした。
が、傘も持ってないし、観光なんかしたら遭難します。
レストハウスでお昼ご飯を食べて天気の回復を待ちますが、吹雪はひどくなるばかり。


  shibutoge7.jpg  大変お世話になりました


結局ホテル行のバスが来るまで 2時間近く滞在 にするはめになりました。

あぁ、寒い・・・
セーターとパーカーだけだから凍えそう。

帰りた~い!!


  shibutoge8.jpg  晴れていたら窓の外は絶景・・・のはず


お隣にはもう一つレストハウスがあります。
ちなみに 「のぞき」とはこちらの地名 です。


  shibutoge9.jpg  軽食中心のカフェ


14時50分のバスで1駅。(それでも徒歩だと30分)
今回お世話になる 渋峠ホテル に到着しました。


  shibutoge10.jpg   -(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ ほんものだぁ~


長野と群馬の県境にあるというユニークさでTVでも紹介されています。
建物は古く、ホテルというより山小屋に近いかな?


  shibutoge12.jpg  暖炉のある温かなロビー


県境の雰囲気満載☆


  shibutoge11.jpg  手作りパンが人気らしい


部屋は山の名前がつけられています。
私の部屋は 浅間山 なので長野側なのでしょう。


  shibutoge13.jpg  トイレ付きで快適♡


夕食は場違いにお洒落なクリームシチューの壺焼きやスモークサーモンのサラダがあって何がしたいのかわからない品揃えだけど、味は良かったです。
特に豚汁は温まってとても美味しかった(^-^)
他のお客さん、熟年山ガールトリオとご夫婦1組もみな喜んでいました。


  shibutoge14.jpg  冷め気味だけど味は美味


お宿の方がとても気さくで親切で、夕食後、観光情報もたくさん教えていただきました。

お風呂のある地下はコンクリートの打ちっぱなしで野外の野球場にあるみたいな使い古しのベンチやらバケツが置いてあって摩訶不思議な世界。
一人で行くのがちと怖かったです。
そして9時までだというのに、他のお客様がカギをかけて入ってしまい、危うく時間切れになるところでした。ふぅ~


  shibutoge15.jpg  温泉ではありません


明日は宿の方から勧められた 芳が平の日の出 を観るために11時に布団に入りました。


注)のぞき~渋峠の写真は翌日に撮影したものです。


【2017/10/04 20:59】 | ジオラマのような景色を求めて2017年秋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |