FC2ブログ
犬吠埼観光と銚電の話題駅
4時48分の朝日をみるために4時30分に目覚ましをかけ、コンパクトカメラとスマホを持ってスタンバイ!

あれ~!?

曇っていてよくみえません。


  2018ARP18.jpg  幻想的・・・ということにしよう


美しい朝日は撮れませんでした(T-T)

気を取り直し、朝風呂に入って、朝食を頂き、チェックアウト。


  2018ARP19.jpg  服に魚の臭い着くんですけどぉ


荷物を預かってもらい、自転車を借りたら最初に向かうのはもちろん灯台です。

犬吠埼のシンボル、犬吠埼灯台!


  2018ARP20.jpg  白いポストと愛車と


すっかり天気になり、今日も真っ青な空、海、そして白い灯台のコントラストがとても美しいです。
さっそく煉瓦製の建造物としては尻屋埼灯台に次ぐ、日本第2位の高さである塔に上ります。


  2018ARP21.jpg  遠くに見えるお宿


旧犬吠埼霧信号所霧笛舎 は1910年に霧笛号業務開始しています。


  2018ARP22.jpg  歴史的建造物としても価値あり


次に長い坂道を登って着いたのは 地球の丸く見える丘展望台


  2018ARP23.jpg  電動付き自転車でもしんどかった


昨日みた風車群もみることができました。


  2018ARP24.jpg  この地ならではの風景


屋上の真ん中では地球が球であることを実感できます。


  2018APR25.jpg  動画がアップできず残念


自転車を宿に返し、荷物をピックアップして11時09分発の銚子電鉄に乗るために 犬吠駅 に向かいました。


  2018ARP26.jpg  おとぎの国の駅みたい♡


女性駅員さんもとっても親切で、ほっこり。
銚子駅でお願いしたら、回収されるべき紙切符を頂けることになりました。


  2018APR38.jpg  わ~、懐かしい!!


昨日、観光局で仕入れた情報によると 妙福寺 で例年よりずっと早く藤が見頃になっているとのこと。
駅からも徒歩で10分かからないので、荷物をロッカーに預けて向かいました。


  2018ARP27.jpg  異常気象が幸いでした


臥龍の藤 と呼ばれる老木が有名らしいのですが、どれだったのでしょう。


  2018ARP28.jpg  綺麗というだけで十分☆


銚子と言えば有名なのは 醤油
この旅の下調べで初めて知ったのですが(^_^;
駅から一番近い ヤマザ醤油工場 に向かいました。


  2018ARP29.jpg  でっかい醤油樽がデ~ン


工場見学は1時間かかるのというので今回は諦め、休憩所で小腹を満たしました。


  2018ARP30.jpg  醤油ソフトとぬれ煎餅焼きそば


先ほど乗った銚子電鉄の車内に貼られていたポスターで少し前にバラエティ番組で有名芸能人がリフォームした駅舎があることを思い出しました。

行きたかったんだった!

と居ても立ってもいられず、観光局のレンタサイクルで 本銚子駅 に向かいました。

15分ほどで到着。
テレビで見る印象と変わらない、とても可愛らしい駅舎です。


  2018ARP31.jpg  モダンレトロな風情


すぐそばにある学校の学生が頻繁に利用するということで使い勝手を考えてリフォームされました。


  2018ARP32.jpg  日が差し込む明るい駅舎内


駅舎内のステンドグラスは学生たちの作品です。

 
  2018ARP36.jpg  ここにも芸術家がたくさん


木とレンガとタイルの組み合わせが素敵です。


  2018ARP33.jpg  ずっと座っていたくなる空間


一部ではリフォームによって 以前の風情がなくなったという批判 があると聞いています。
駅は利用する人のためのものです。
マニアのものではありません。
利用する人が便利で心地良いと感じることが一番大事なのではないでしょうか。


  2018ARP34.jpg  外で待ちたい人のためのベンチあり


タイミングよく、電車が到着する時間になったのでパシャリ。


  2018ARP35.jpg  サイズ的に駅舎が入らなかった


大満足して駅に戻りました。
特急しおさい10号 は銚子駅を14時17分に発車。


  2018ARP37.jpg  さすがに帰路は特急で


東京駅には16時03分に到着したので、帰宅ラッシュに避けて帰ることができました。

今回の旅、1泊旅行の過去最高 といえるくらい素晴らしかったです
天気に恵まれ、優しい人たちに出会い、偶然が重なってラッキーな旅 でした。

近いわりには時間かかるけど

千葉最高!!

犬吠埼では海岸沿いの遊歩道に行けてないこと、銚子電鉄にはまだまだ可愛いレトロが駅が他にもあることからぜひまた行きたいと思います。





【2018/04/20 22:53】 | 海と風車のある風景~銚子2018春 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ウインド・パワーと1000人の芸術家
今回の旅の目的地は関東在住の家族旅行の定番、千葉は 銚子を基点とした旅 です。

なぜ?

今さら?


ドラマのロケ地 で気に入ったからです。
ミーハーでごめんなさいm(_ _)m

近場の割にはいつも以上にアクセス調べに時間を費やしました。
どうやってもタクシーを使わなくてはならないのですが、それでは旅の意味がない!
達成感というものが得られませんって話です。
調べに調べ、電話で聞きまくり、やっと 路線バス+徒歩で行けるルート (ネットにもヒットしない) を見つけ出しました。
ウインドパワー会社の方、ご協力ありがとうございましたm(_ _)m

1泊旅行なのでお休みは2日あればいいのですが、前回の悪天候を踏まえ、3日間の有休をとりました。
1日目は雨だったので、翌日から出発。
この選択は大成功でした。

8時32分に東京駅を出発した総武線は9時11分 千葉駅 到着。
東京駅の乗り換えは田舎者にはとてもわかりづらく、乗継時間は15分もあったのにけっこうギリギリになりました。(トイレに行きたくなりかけたけど我慢)


  2018APR1.jpg  普通の通勤電車なので情緒なし


9時16分発の総武本線に乗り換えて 銚子駅 に着いたのは11時9分。


  2018ARP2.jpg  駅のホームにでっかい醤油樽! 


千葉、遠いわ~


  2018ARP3.jpg  思っていたよりのどかな駅


駅前のマック (下調べ済) で急いで昼食を済ませ、荷物をロッカーに預け、11時45分発の関東鉄道バス (海岸線鹿島神宮駅行) に乗りこみます。


  2018ARP4.jpg  異常な睡魔に襲われる今回の旅路


今回の旅の目的をメイン、風車を目指すわけですが、ここでちょっとびっくり。
駅前からすでに風車が見えるんですけどぉ(^_^;
で、バスの車窓から飽きるほど風車が・・・

銚子って風車だらけなんですね(^_^;

でも海あり橋あり風車ありの車窓の眺めは最高でした。
55分のドライブを楽しんで、到着したバス停は 知手入口
ここが目指す ウィンド・パワーかみす第1洋上風力発電所 の一番の最寄りの停留所になります。


  2018ARP5.jpg  大通り沿いでコンビニもあり、ほっ・・・


ちなみにここは千葉ではなく、茨城県です。
どこで県境を超えたのかはよくわかりませんm(_ _)m

バス停から延びる大通りの真正面に風車が見えているのに、途中土手にぶつかり、工場の方に道を聞いて下調べどおり、きっかりバス停から徒歩20分かかって到着しました。


  2018ARP6.jpg  じゃ~ん\(^ ^)/   


南浜と北浜に分かれ、こちらは 南浜 になります。


  2018ARP7.jpg  青い空、白い風車のコントラストが素敵


風が強いので、波はけっこう高め です。
まぁ、だから風車として機能しているわけですけどね。


  2018ARP8.jpg  風車、びゅんびゅん言ってます


こちらは 北浜
ドラマの撮影はこちらで行われたようです。
平日でドラマもすでに終わっているし、視聴率も高くなかったので人はいませんでした。


  2018ARP9.jpg  トラックが多く完全な工業地帯


この 千人画廊 と名付けられた外壁の絵画は日川浜から鹿島港方面へ続く全長約6kmの南海浜護岸壁に市民参加型のまちづくりの一環として1990年からスタートしました。


  2018ARP10.jpg  絵になる風景にさらに絵画


公募で参加者を募りみんなで絵を描いて大きな壁画を製作しようという試みというので、実物を見るまでは本当のことをいうと 落書きに毛が生えたようなもの かと思っていました。
が、そんなレベルではありませんでした、ゴメンナサイ。


  2018ARP11.jpg  かなり芸術性が高くまさに野外画廊


14時19分のバスで銚子駅に戻りました。

観光局で情報を仕入れ、犬吠埼 のお宿に送迎をお願いし、チェックイン。


  2018ARP12.jpg  目の前に海の203号室


明るいうちにと、海のみえる温泉で汗を流ました。


  2018ARP13.jpg  窓ガラス、曇り過ぎて眺めイマイチ


窓が開けられないのが残念です。


  2018ARP14.jpg  露天にあって露天にあらず


お風呂から上がった後は観光局おすすめで夕日を見に隣駅まで行くことにしました。
海岸沿いを20分くらい歩くと 戸川漁港 が見えてきました。


  2018ARP15.jpg  船のシルエットがいい雰囲気


完全に夕日が沈むまでいたら、帰り道が暗くなって怖いので、後ろ髪を引かれる思いで帰路へ。


  2018ARP16.jpg  ずっと見ていたかった・・・


夕食はお部屋でいただきます。
魚介たっぷりかと思いきや フツーの懐石料理 で拍子抜け


  2018ARP17.jpg  むしろ海鮮丼でいいのに・・・


犬吠埼は朝日が有名 で、このお宿の売りのようなので、明日は早起きです!





【2018/04/19 21:02】 | 海と風車のある風景~銚子2018春 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |