FC2ブログ
旅惨敗に傷響く

朝、起きるなり窓の外を見ると・・・

曇天でした_| ̄|○

どうにか雨は持ちそうですが、お城を見るなら 快晴の日に天守閣に登りたい ものです。
せっかく観光に便利な中心地に宿をとったのだから、朝の散歩 をすることにしました。

松本城までは徒歩15分ほど。
公式サイトにあった徒歩5分にはほど遠いです?


  2018初夏53  さすが国宝の風格


松本市は、北アルプス連峰と美ヶ原高原の豊かな自然、松本城を中心とした城下町として栄えた街 です。

松本市内を訪れるのは2回目になります。
白馬が流行っていた20代、友人とペンションで合流するため、一人で神城駅に向かう途中に下車して観光しました。
往路のみですが、 生まれて初めての一人旅 です。
その時は不安いっぱいで気持ちに余裕はなく、何を見たかほとんど覚えていません。

ただ一か所、ここ まるも は友人一押しだったので、このお店を目指して歩いたことだけは記憶しています。
まさか、ここが今回のお宿のお隣さんだったとは・・・


  2018初夏54  これが縁なのですね


松本は当時から若い女性に人気でしたが、観光を楽しむ余裕がないままに歩いた私にはその魅力的が理解できませんでした。
今になると・・・
気持ちの余裕なのか、それとも年齢的なものなのか、この風情に魅力を感じます。


  2018初夏55  蔵の街の代表格


中町通りは白壁と黒なまこが続く 中町通り は松本観光のメインスポットの1つです。
個性的なお店が並び、女性にも大人気です。


  2018初夏56  新旧が見事に融合


女鳥羽川をはさんで対岸にある ナワテ通り も人気のスポットです。


  2018初夏57  縄のように長い土手が由来


その名の通り、個性的なお店が縄のように長屋風に軒を並べる商店街です。
守り神は私の一番嫌いな生き物(その名前を書くのも嫌) 、その像が入口に鎮座しているため、ここを通りのが本当に嫌でした。



  2018初夏58  食べ物屋さんが多い


 -(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ
私世代の男子が泣いて喜びそうなお店発見☆
でも時代の流れには勝てず・・・・


  2018初夏59  すでに閉店(T-T)


昨日、遅めのランチをいただいたカフェもこの通りにあります。
ちょっとアートな中町通りとはまた違い、昔ながらの風情に溢れています。


  2018初夏60  庶民的な魅力満載


ざっと観光して、お宿に戻り、朝食をいただきました。
と~っても家庭的なここのお食事はリピーターに人気だとか。


  2018初夏61  もちろんご飯はおかわり♪


昨日は駅近に宿を取らなかったことを後悔しましたが、松本には珍しく和室があり、ビジネスホテルなのに大浴場完備。
観光地の中心にあり、川沿いで眺めも良く、さらにお値段も安いという 素晴らしいお宿 でした。

荷物を預かってもらって、チェックアウトし、観光のために外に出たものの・・・

午後からは天気が荒れるらしい
万が一悪天候で列車が止まりでもしたら、最悪です。
そんな不安をかかえたまま観光しても・・・

帰る決心をしました。


一度預けた荷物をすぐに引き取り、歩いて駅に向かいました。
15分以上かかりますが、タウンスニーカーだとトータルにしてかえって時間がかかるので、これがベストらしいです。


  2018初夏63  草間彌生デザイン水玉乱舞号


駅までの道も草間彌生一色!
いたるところに水玉模様が溢れています。


  2018初夏62  集合体恐怖症の方、要注意


帰りの切符は昨日目星をつけていた激安チケットのお店で特急券を買うつもりでしたが、なんと開店前!
24時間営業と書いてあったはずなのに・・・
と思ったら、自動販売機 がありました。



  2018初夏64  たしかに24時間に間違いない


「みどりの窓口」で購入すれば、6900円が、4750円。
いくらお得と言っても自動販売機でそんな高いもの買ったことないし、詐欺や機械故障だったらどうしよう。
と迷っていたら、ビルの関係者らしき方が来たので聞いてみました。

大丈夫なんじゃない?
安いんだから買えば?


となんとも軽いノリ。
でもそばについてくれたので買っちゃいました。
お礼を言って駅の窓口で座席を予約。
松本にはまた来たいので、次回も迷わずここで激安チケットを買うことにします。


  2018初夏65  見落としそうな松本駅


9時14分発の あずさ10号 に乗り、12時04分新宿駅到着。

帰宅まで雨に降られずに済みましたが、達成感なく 中途半端な気持ちで終わった旅 になりました。
初夏の旅では初めてのことです

そしてまたまた宿題を残しました。
蓼科のバラクライングリッシュガーデンに加えて、松本城と開智学校・・・
宿泊はもちろん今回お世話になったお宿の301号室をリクエストします。


  2018初夏66  松本市美術館で買った草間彌生グッズ


そしてもう1つ。
2日目の御謝鹿池から横谷峡に向かうタクシーの運転手さんが見つけた青い池。

あぁ、なんだあれは!

と叫び声を上げたので、窓の外を見ると、街道の脇の森の中に御謝鹿池の比ではないほど 神秘的な群青色の池 あったのです。

寄ってみますか?
と言われたのですが、メーターが上がるのが嫌なのと、なんといっても運転手さんの不思議っぷりが怖くてお断りしました。

いくらオバサンでもこんな人気のない森の中で、この方と二人になるのは、無理です。

調べたら、笹原貯水池 という池だったので、絶対に行こうと思います。
そんなこんなで、よほど縁があるのか、まだまだ蓼科からは離れられなさそうです。




【2018/05/31 11:52】 | 奥蓼科の緑と滝と感性が響く旅2018初夏 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ムーミン谷は初夏の祭り | ホーム | 芸術の街に雨響く>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mimosa829.blog113.fc2.com/tb.php/105-eb108df1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |