FC2ブログ
ムーミン谷は初夏の祭り
悪天候で達成感の得られなかった今年の初夏の旅 が終わり、待ちかねていたように 太陽が顔を出しました。
皮肉なものです。

旅からの帰宅時間が早かったので、疲れは残っていません。
翌日にすぐ出発することにしたのは、いくつかの候補の中から選んだ

ムーミン谷

フィンランドではありません。
埼玉県飯能市にムーミン谷があるのです。

池袋駅から西武池袋線の急行で40分。
最寄りとなる 元加治駅 に到着。


  01JUN2018-1.jpg  遠くに来た感満載


駅から歩くこと20分。
小高い丘を登ると トーベ・ヤンソンあけぼの子供の森公園 の入り口に到着します。
目の前にはキノコのようなムーミンハウスが鎮座していました。


  01JUN2018-2.jpg  原作では水色の木作り


ゲートで係員の方からカフェのオープンセレモニーがあることを聞かされました。
ネットで今日、 園内初のカフェがオープン することを知って
なんて運がいいんだ♪
と、ランチも楽しみにしていたのですが・・・・


  01JUN2018-3.jpg  ブルーの素敵な建物


市の職員や関係者らしき人が大勢集まり、大賑わいになっていました(^_^;

マイクを持ち、挨拶するお偉いさんの脇を通り過ぎて、一番奥にある 水浴び小屋 に向かいます。


  01JUN2018-4.jpg  原作はブルーでなくこげ茶色


今回、一番楽しみだったのはムーミンハウスより、むしろこの水浴び小屋でした。
なんか・・・雰囲気いいじゃないですか。


  01JUN2018-5.jpg  このアプローチもムーミンの世界観


内部は意外にも何もありません。


   01JUN2018-6.jpg  ただいるだけで幸せ♪


ラッキーなことに誰も来ないので、かなり長い時間、ひとりでムーミンの世界に浸っていました。


  01JUN2018-7.jpg  窓ごしのムーミンハウス


十分楽しんだ後は ムーミンハウス に向かいます。


  01JUN2018-8.jpg  ガウディっぽい☆


中は土足厳禁です。
え~、靴脱ぐの~!?
と思いますが、中に入るとその意味がよくわかります。


  01JUN2018-9.jpg  暖炉のあるリビング


どこもピカピカに磨かれていて、床がつるつる滑るくらいです。


  01JUN2018-10.jpg  アンティークなインテリアも素敵


曲線の使い方と灯りがとても美しいです。


  01JUN2018-11.jpg  光と影が幻想的


そして子供が遊べる仕掛けがたくさんあります。


  01JUN2018-12.jpg  この穴に入ることができる


いたる所に穴があるので、外から覗いている時は自分が人間に、中に入って外を見る時は妖精になった気分になれます。


  01JUN2018-13.jpg  01JUN2018-14.jpg 


中には妖精たちのお部屋があるものも・・・。


  01JUN2018-15.jpg  これはリトルミーのお部屋かな


ムーミンハウスは地上3階、地下1階なので、中はこんな螺旋階段があります。
とても凝った木造建築で建築学科を専攻している学生さんも熱心にメジャーで測ったり写真を撮ったりしていました。


  01JUN2018-16.jpg  滑るのでちょっと怖い


また壁際にたくさんのキャラクターのプレートが飾られていて、紹介文や彼らが文中で語った言葉が添えられています。


  01JUN2018-17.jpg  孤高の旅人スナフキン


これらの言葉、シンプルなようで、よく読むととても深くて響きます。


  01JUN2018-18.jpg  含蓄あるお言葉の数々


愛してやまない サロメちゃん、発見!!


  01JUN2018-19.jpg  でも、この子、虫なんです(^_^;


ここが最上階。
手すりの曲線がアールヌーボー建築のような作りですね。


  01JUN2018-20.jpg  この家に住みたい!


この日は日差しも強く、かなり暑かったのですが家の中は涼しくて快適でした。

とにかく靴を脱いでいるので、どこでも転がって遊べるものいいですね。
親御さんたちは子供が穴から顔を出す写真を撮るのに夢中。
私は子供がいなくなった後にコッソリと穴に入って喜んでいました ←やばいオバサン
サイズ的に男性はちょっと無理ですが、私くらいならギリの感じでした


ムーミンハウスの脇には 見晴らし橋 があり、その周りは散策路になっています。


  01JUN2018-21.jpg  自然に囲まれた園内


子ども劇場 はセレモニーのため、本日閉館でした。


  01JUN2018-22.jpg  セレモニーめ!(怒)


この建物もなかなか凝っていて屋根がうろこ状になっています。


  01JUN2018-23.jpg  いらっしゃ~い( ̄ー ̄)


森の家 はムーミンの作者であるトーベ・ヤンソンの資料を展示する資料館です。2階はムーミン関連の書籍や絵本を所蔵する小規模な図書館になっています。


  01JUN2018-24.jpg  教育の場も充実


楽しく遊べて、学んで、自然もいっぱい。
しかも市が運営しているので入場料は無料です。
芸術性も高く、鑑賞の対象としてもりっぱに成立している
・・・近隣の方たちが羨ましいです。

1日中でもいられるくらい素敵な公園でした。


   01JUN2018-25.jpg




【2018/06/01 21:44】 | ムーミン谷の初夏2018 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<1つ目の森美術館 | ホーム | 旅惨敗に傷響く>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mimosa829.blog113.fc2.com/tb.php/106-a52dc039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |