FC2ブログ
島崎藤村ゆかりの高楼/2日目
早朝に目が覚めました。

窓はぐるりと障子張りの為に、雨戸や遮光カーテンがありません。
日が上がると昼間のように明るくなってしまう のも 歴史ある宿のあるある ですね。
2泊は無理です。

ここのお宿は白壁の土蔵と木造三階建ての4棟の建物で、文化庁により 登録有形文化財 に指定されているほど貴重なものです。
またかの文豪、島崎藤村が逗留 したことで有名です。

昨日になりますが、藤村の間 をみせていただきました。


  2019春23  次の間付き特別室


普通に宿泊できるので、お客様がいる時NG。
今回はラッキーでした。


  2019春24  藤村や使用した机、茶箪笥も残っている


藤村が見た風景を体験することで文学の世界にふけってみました。

 
  2019春25  藤村、1冊も読んでないけど


朝食はいたって普通。
みそ汁があれば鍋なんていらないから、焼き魚のように メインになるものがほしい です。


  2019春22  夕食と差があり過ぎ・・・


昨日は昼間は寒くて1歩も外に出なかったので、初めてお宿の全景を外から見ました。


  2019春26  私のための送迎車が邪魔


ちょっと温泉街をブラブラしようっと
あれ?
温泉・・・
数軒、温泉旅館があるだけで他に何もありません。


  2019春27  ここが温泉街のすべて


ここは田沢温泉は市街地より標高700mに位置するので、桜もまだです。
共同浴場 有乳湯 (うちゆ) に子宝の湯ともいわれ、朝も夜も町の人が集まってきます。


  2019春28  観光客からも人気


遊歩道入り口という看板を見つけたので、細い階段を登っていくと 温月庵薬師堂 というお堂がありました。
弘法大師もこの堂に籠り自作の像を安置したそうです。

  
  2019春29  寂れ過ぎてます(^_^;


見下ろすとお宿が見えました。
一昨日の雪が屋根にも残っています。


  2019春30  そりゃ寒いはずだわ


お宿に戻り、部屋の窓を開けて周りをみたら・・・

なんと素晴らしい景観!!

昨日は雪も残っているし、寒いしで窓を開けるなんて発想がなかったのですo( _ _ )o


  2019春31  窓開けそびれてるし


宿泊している間、長い廊下や階段がとても不便でした。

私しか宿泊していないなら、どうしてこんな遠くにしたのだろう?
なぜフロントや食堂に近い部屋にしてくれなかったのだろう?


と思っていました。

これは帰ってから知ったのですが、私の宿泊した 51番

一番、人気のお部屋でした。

高齢の大女将も案内するのに大変だったろうに、わざわざ 最上階の一番奥にある一番人気の部屋にアップグレイド してくれていたんです。

わかっていたら、窓を全開にしてもっとたくさん写真撮ったのに。

お宿の車でバスターミナルまで送っていただき、10時発のバスで上田駅に向かいました。
駅から徒歩5分、昨日定休日で入れなかったカフェに向かったのですが、なんと!

11時開店でした_| ̄|○


  2019春32  ブルーの外装が美しい!


今日は曇っていて昨日ほど天気が良くありません。
昨日のうちに上田城に行っておいて良かったです。

そのまま11時11分発の はくたか558号 で帰路に向かうことにしました。
12時半過ぎには家に着いたので、旅の余韻に浸ることなく後片付けや平日でしかできない用を済ませ、別の意味で充実した日になりました(爆)

桜露天風呂は叶いませんでしたが、藤村の間を見学できたこと、初日に天気に恵まれたことで上田城での今シーズン最後のお花見ができたことが良かったです。

反省点としては以前の失敗の教訓が生かされていなかったこと。

ぬる湯は季節を選びましょう。




【2019/04/12 18:23】 | 田沢温泉2019春 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<野沢温泉千人の風呂を制す/1日目 | ホーム | 桜舞う真田の城/1日目>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mimosa829.blog113.fc2.com/tb.php/116-2b105693
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |