FC2ブログ
栗のまち小布施歩き/1日目
忙しかった夏のピークも過ぎ落ち着いて定時に帰れるようになりました。
仕事がオフの10月下旬出発に紅葉のピークを迎える温泉宿を探していたら、く 松川渓谷 になりました。
またもや美人林は見送りです。

初夏に行ったばかりなので、まったく違う場所にしたかったのですが、ネットで検索したら数日前から見ごろになって良いタイミング らしいです。
天気も良さそうなので、今年こそ10年ぶりの雪辱を果たしに絶景の紅葉を拝めそうです。

旅の前日ポストに見覚えのある汚い字で書かれたハガキが届いていました。
1年前に遠刈田温泉の宿から自分に宛てた手紙 でした。


  ゆと森から  昨年今の時期、激務?


なんか幸先良いではないですか。

2017年の秋に渋峠に行った時には小布施に行きそびれたので、今回は栗を食べに寄れればいいかな。
紅葉には恵まれていないのですが、今年こそは壮大な山の紅葉を見たいものです。

9時58分に出発した はくたか557 は定刻の11時05分に長野駅に到着しました。


  2019秋1  最後の旅になるかもしれないデジカメを入れて


小布施からお宿の送迎は15時30分なので、このまま移動するとそれほど見どころが多いわけではないらしい小布施で時間が余ってしまいます。
駅を出て考えているうちに善光寺行のバスが来たので思いつきで飛び乗ってしまいました。
が、これは大誤算でした。


  2019秋2  仁王門より今はコインロッカー


運悪く道路が工事中とかでバスは遠回りした挙句、お寺から離れた停留所で降ろされたため、よけいに歩く羽目に・・・。


  2019秋3  参道散策はロッカー探し


まさかこんな全国的に有名で観光地化されたお寺にコインロッカーも手荷物預かり所がないとは思いませんでした。


  2019秋4  本堂の中にはずないか


結局、ブラブラ歩いて お寺の参拝はせず に駅に戻ることにしました。
が、停留所に戻る途中で長野電鉄の 善光寺下 という駅があることを知り、長野駅に戻らずショートカットすることにしました。


  2019秋5  レトロすぎる構内


が、これも誤算_| ̄|○
出発が12時17分だったのはタイミングがよかったのですが、須坂駅終点でした_| ̄|○

駅のホームで25分も待ち13時3分の電車に乗り継いで 小布施駅 に到着したのは13時11分。
観光地としては須坂より小布施の方がずっとメジャーなのに長野からのアクセスはあまり良くないようです。


  2019秋6  ながでん電車の広場が隣接


お腹の調子があまり良くなかったので、駅カフェでパンとコーヒーの軽食をとり、コインロッカーに荷物を預け、徒歩で観光をすることにしました。
駅から歩いて10分ほどで観光の最後に寄ろうと思っていたカフェを発見。


  2019秋7  お洒落すぎる外観に気後れ


昼食をとったばかりなので、まずは素通りし、見どころが集まるポイントに移動することにしました。
少し歩くと栗の和菓子で有名な老舗和菓子店 小布施堂本店 に到着。


  2019秋8  趣ある栗の暖簾


お店の脇に路地があるようで、観光客が入っていきます。


  2019秋9  風情ある門構え


桝一の精米蔵を改装したモンブラン朱雀の専門店、 えんとつ がありました。
順番待ちをするカッポーだらけで、そこも素通りをしました。


  2019秋10  すでに1時間待ち状態


路地を抜けると観光スポットの集まった広場にでます。
北斎館 は小布施のメインですが・・・入りません。


  2019秋11  日本画、興味ないんで(^_^;


広場を基点に伸びる 栗の小径 も小布施観光の目玉です。


  2019秋12  これが見たかった!


小径の途中にある 高井鴻山記念館 も寄りません。


  2019秋13  日本画、興味ないんで


栗の小径は10センチほどにカットされた栗の木が歩道に埋尽くされ、その木目の美しい模様が観光客を魅了します。


  2019秋14  歩いた感触が足に柔らかい♪


ボリュームのあるスイーツを食べたい気分ではなかったところにまたもや小布施堂のお店発見。
姉妹店の 傘風楼 (さんぷうろう) というレストランみたいです。


  2019秋15  レストランは本日営業終了


カップのモンブランのテイクアウトがあったので、近くの石垣に座っていただきました。
写真撮影が目的だったのですが、他にもそんな女性客が何人かいて、みなさんそこで写真を撮って食べていました。


  2019秋16  甘過ぎと思ったのは私だけではないはず


この周辺以外にはあまり見どころがないので、美術館に入らず、カフェに入らなければ1時間ほどで観光が終わっちゃいます。


  2019秋17  秋の日差しが柔らかい


時間を持て余し気味で、中町小径 をのんびり歩いて駅に戻りました。


  2019秋18  楽しい脇道がたくさん


お宿の送迎車で15分ほどでお宿に到着です。
創業250年の歴史ある山田温泉旅館です。
予約では温泉側でしたが、渓谷側の広いお部屋にアップグレードしていただきました。


  2019秋19  眺めもよくて感謝、感謝


暗くなる前に貸切風呂、 天空の小鳥風呂 を頂くことにしました。

私は丸型の湯舟が好きなので を予約したのですが、係りの方はやたら を押します。
行ってみて理由がわかりました。
貸切露天風呂は本館から突き出た形の2階建て構造になっていて上階が なので天井がなく断然開放感があります。


  2019秋20  宿泊客は30分無料


一方 はその下になるので真上に屋根がある形になります。
幸運にも両方開いていたので、丸のお湯を楽しんだ後、 で涼みがてら眺めを楽しみました。


  2019秋21  湯加減はどちらも完璧


夕食はワインとお肴付きプランでした。
懐石料理はとても美味しかったのですが1品は辞退しました。
最近はシニアや女性のための 食事少な目プラン が増えつつありますが、もっと浸透すればいいのにと思います。


  2019秋22  これでも載せきれない


今日は肝心のお宿の周辺である松川渓谷をまったく観てないので、明日は山の紅葉を楽しむことにし、早めに布団に入りました。






【2019/10/31 22:07】 | 小布施と松川渓谷紅葉の旅2019秋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<松川渓谷の紅葉はいかに/2日目 | ホーム | 神降臨?奇跡の絶景/2日目>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mimosa829.blog113.fc2.com/tb.php/124-d8438556
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |