FC2ブログ
奇跡は起きたin十二湖&不老ふ死・・・猛獣、にわか鉄子になる/1日目後半

奥十二湖から今夜の宿泊先である不老ふ死温泉へのバスを待つ間、雨は本降りになってきました。

キョロロには団体の観光客もいて人であふれています。

  02AUG21.jpg  ここで手荷物も預かってくれます。

やがて16時30分発のバスがやってきたのですが、路線バスというより旅館の送迎バス仕様( ̄□ ̄;)!!
どう見ても全員は乗れません。

添乗員とおぼしき女性が手配の手違いをなんとかしようとバス会社や旅行会社に電話をしている間、私はずっと待たされました。

ってか、これ路線バスでしょ?
アナタ達のツアーバスじゃないんだけど!?


駅まで行って、大きなバスに乗り換えるということになり、狭いバスにギュウギュウに押しこめられ、(運良く座れたことだけが救い)十二湖駅まで行きました。

「大型のバスに乗り換えるので全員降りてください。」
というドライバーとヒステリックな女性添乗員の指示がとんだ瞬間、とうとう私と同じ個人の観光客である女性がキレました。

「なんでウチまで降りなきゃならないん?ウチ団体客やないやけど。」

たしかにおっしゃるとおり。
ここで初めて、女性添乗員、私たちの存在に気づいた様子。
それまでツアー客のことで頭がいっぱいだったのはわかるけど、そもそもツアーに路線バスを使うことが大きな間違いというもの。
これが夏のピーク時期ならどうなっていたのでしょう。

関西からきた気丈なオバサマを娘さんが制しています。
「ママやめてよ!恥ずかしい!!いいじゃないの、降りれば。」
娘さんに叱られ、オバサマかわいそう・・・。
「だって、そうやなの。これって巻き添えやん!!」

旅行社の人は女性添乗員のほかに2名男性がいたことが判明。
やっと私たちに謝ってくれました。
3名ともつかえねぇ・・・

本来なら彼らだけ降りて、私たち個人の観光客はそのままバスで移動するべきだと思うのですが、バス会社の人も
「それはできない。」
と謝っているのでしかたなく降りて乗り換えました。

オバサマに言いました。
「おっしゃるとおりだと思いますよ。あの添乗員のやり方間違ってますよね。」
「でしょ、でしょ・・・。でも娘が恥ずかしいって怒っているし。」
「今ここで文句を言うと、あのヒステリーな添乗員が泣いちゃうと思うので、降りた後、あの男性にきっちり言ってやります!
オバサマと約束しました。

「この方たちは関係ない方なので、どうぞ前へお座り下さい。一番先に降りられるように、前へどうぞ。」
大型バスの乗車時に初めて私たちに気遣いをみせる旅行会社のアホ3羽ガラス。
本来なら17時15分に到着していたはずのバスが目的地に着いたのは40分近くになっていました。

もちろんお約束どおり、男性をひっぱって隅に連れて行き、しっかりお灸をすえて差し上げましたホホホホホ

  02AUG22.jpg  ホテル外観はちょっと地味な感じ。


さてさて、ホテルの係りの方に案内されてお部屋へ。
とっても安いシングルなので期待はしていなかったのですが、狭いものの日本海を一望できてなかなか良い部屋です。

  02AUG23.jpg  本館2階323号室。1泊2食付きでなんと9600円!

そしてお目当ての露天風呂も見えますが・・・

え??? 

  02AUG24.jpg  向かって左側が混浴。右が女性風呂。


ま、丸見えじゃん!!


男性が全裸で日本海に向かって仁王立ちしているのがバッチリ丸見えです。
びっくりしてホテルのスタッフの女性を振り返ると、彼女ニッコリ♪

東北の方は恥ずかしがり屋さんと聞いていたのですが、混浴は当たり前の文化。
こういうところは意外とおおらかなんですね。

気に入りました★

あいにくのお天気。
夕日は臨めそうもないので、諦めて夕食へ
これがまたすごい量です。

  02AUG25.jpg  見えにくいですが、奥には鍋もあります。


食事は2つのプランがあって、私は安いほうにしたのですがこちらで十分です。
テーブルに乗り切れないくらいで、しかもこの後にホテル自慢のつるつるワカメという料理が出てきました。
大き目のお椀にたっぷりのワカメ汁。
ほとんどそうめん状態です。
係りの方が何度も
「ご飯お持ちしましょうか?」
と聞いてくれますが、結局食べられませんでした。

量もそうですが、なんと天気が回復してきたのです。
これなら夕日が見られるかも・・・

慌てて食堂を出て、海辺の露天風呂に向かいました。

奇跡は起きました。

湯船に入ってすぐに素晴らしい天体ショーが始まったのです。


それではノーカットでご覧下さい。


  02AUG26.jpg  あれ?もしかして夕日出てきた?


  02AUG27.jpg  やっぱり・・・そうだ!


  02AUG28.jpg  このまま行け~!


  02AUG29.jpg  -(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ

  
  02AUG31.jpg  びゅーてぃふる~♪
  

みんな口々に
ここにいる人は心がけが良かったのよね~
と自分自身を称えています。
たしかにあの状態からこんな夕日が出るなんて奇跡としかいいようがありません。

  02AUG32.jpg  本当にピンクになるのね(^。^)


カメラ持ち込んでよかった。
でも一眼レフを持ち込んでいる女性一人。
なんとあの添乗員でした。

アンタ、客はどうした?
「夕食始まっているけど、も~いいわ」だってバカヤロー!

お風呂で一緒になった女性と写真を撮り合い、みんなで喜びを分かち合い・・・


 02AUG30.jpg  私もやってる反則ショット(x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ


露天風呂サイコー!

  02AUG33.jpg  誰も居なくなった露天風呂。夕日独り占め★


生涯忘れることのない素晴らしい1日でした。


【2009/08/02 23:00】 | リゾートしらかみで行く北東北 2009夏 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ここでも奇跡in五所川原・・・猛獣、温泉ファンになる/2日目 | ホーム | 奇跡は起きたin十二湖&不老ふ死・・・猛獣、にわか鉄子になる/1日目前半>>
コメント
祝:一番ノリ!
長年の常連さま(唯一のとも言う)、ura8さんに初コメントいただき、光栄です( ^_^)/□☆□\(^_^ )

お返事遅れてごめんなさい。
言い訳をさせていただくと・・・・

コメント、表示されていなかったのです( ̄□ ̄;)!!

同じFCブログなのに「記・ま・ま」とは仕様が若干異なるようで、イマイチ使いづらいこのブログ。

更新したのに未だに広告は消えないし(^_^;

ura8さんのコメントもコメントカウント欄に表示されていなくて、今日管理画面を開いて気がついたのです。
これは私の設定ミスみたいなのですが・・・
同じFCにブログを持っているため、メールアドレスを別のものにしていて、それを見ることがないので、メールで知ることもできませんでした。

本当にごめんなさい。

それにしても露天風呂からの夕日は、どちらかといえば山派の私も歓喜の声があがるほどの絶景でした。
東北の夕日って、関東に比べて赤くて大きい気がします。

でもここは子供が入りやすい露天風呂ではないと思われるので、ウェスパ椿山の方がいいかもしれません。
可愛い西洋館風のコテージがたくさんあって、ファミリーには最高ですよ♪
みーたんもきっと喜びますよん

byなんちゃって東北観光大使

【2010/04/24 13:27】 URL | ane@PC苦手な管理人 #-[ 編集] | page top↑
来ちゃいましたぜ!

改めてご完成おめでとうございますm(_ _)m
一気に・・・いや勿体無い勿体無い。
ゆっくりと拝読させて頂きます!

観光列車というものにまだ乗ったことがないので、かなり
興味がありますね。
名物の弁当を頬張りながら、絶景を堪能なんてとても贅沢☆
山もいいですが、やっぱ海沿いが一番ですな!

旅にトラブルは付き物とはいえ、巻き添えは・・・
でもaneさんならしっかりご指導できたかと思います(笑

また沈み行く夕陽の美しいことったら…
光化学スモッグでやられてるうちの近辺とは
訳が違う!
毎日でも見ていていたいくらいだなぁ。

あぁ、また海が恋しくなっちゃった(TωT
【2010/04/19 00:38】 URL | livewire_ura8@一番乗り!! #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mimosa829.blog113.fc2.com/tb.php/6-874a14fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |